横浜の天然石&アクセサリーショップ「LonMagic(ロンマジック)」へようこそ!ドミニカの青い石、ラリマーのご紹介です。

商品検索
おすすめ

カテゴリー 原石
ポリッシュ
ブレスレット
ネックレス
リング
ピアス
ストラップ
ペンジュラム
サンキャッチャー
雑貨・その他
売れました

カートを見る カートの中を見る

会員専用ページ
ログイン
新規会員登録はこちらから


メニュー ショッピングガイド
チャネリングセッション
横浜中華街上海路店
ラリマージュエリー
誕生石と星座石のご紹介
四神と龍生九子のご紹介
「合格祈願!」 御守特集
バレンタイン「恋愛成就」特集
新生活応援!開運特集
長石特集
職業別おすすめ石特集
消費税率改正に伴う価格変更のお知らせ
魔除けの石特集
健康石特集
天然石の浄化方法


カレンダー
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


ラリマーのご紹介

「ラリマー」はスペイン語読みでラリマール(Larimar)といい、この石の発見者である地質学者ミゲル・メンデス (Miguel Mendez)が娘の名であるラリッサ(Larisa)とスペイン語で海という意味のマール(Mar)を組み合わせて付けた名だそうです。爽やかな風を感じさせる音ですよね。

ラリマーはカリブ海の島、ドミニカ共和国のみで採掘されています。
また、この島の中でもパオルコ地区の鉱山のみで発掘がされており、非常に希少価値の高い鉱物です。発見されたのは1974年と比較的最近のことで、ここ数年でようやく日本でも知れわたるようになってきました。ご覧の通り、石はまるでカリブの鮮やかな海と空を映し出したかのよう。先にも述べたように、一箇所の鉱山でしか採掘されていない為、殆ど掘り尽くされてしまっているのと、台風災害によって採掘作業が滞ることもあり、産出量がなかなか安定せず、また、鮮やかなスカイブルーとホワイトの模様が浮かぶ石は少なくなってきているようです。



マララゴはクリスタルをこよなく愛するコレクターでもあるアルゼンチン生まれのジュエリーアーティスト。
自ら鉱山に訪れ、石を採掘することもあるとか。マララゴ独自の基準、色、透明度、模様・・・により厳選されたラリマーを使用しています。
「石は同じものが一つもない」と言い、ラリマーと対話しながらひとつずつ大切に形にしていく彼女の作品は、個性的かつフェミニンなものばかり。今までに無かったラリマーの世界が、果てしなく広がります。



ラリマーが大好きなスタッフがひとつひとつ手にとって、厳選した美しいものだけを仕入れています。どうぞ美しい海の石をご堪能下さい!こちらからご覧いただけます。

鉱物名:ペクトライト
分類:ケイ酸塩鉱物
化学式:Ca2NaSi3O8(OH)
結晶系:三方晶系
モース硬度:4〜4.5
珪灰石グループの一種

ラリマーはペクトライトに少量の銅が含まれる事によって、この鮮やかなブルーが生まれます。水に浸しすぎたり、太陽に当てすぎると、石の色が黄色味を帯び、表面の艶が失われていくこともあります。直射日光に当たるところに置きっぱなしにすることはお薦め出来ません。”海”を意味する名が付いていますが、勿論、塩水にも弱いので浸さないようにしてくださいね!

商品のお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ電話番号
045-650-6205

受付時間:11:00〜16:00
水曜日定休
お掛け間違えのないようにご注意ください。